おいしいコーヒーの淹れ方


1.ホットコーヒー(konoドリッパーで入れる基本のコーヒー)

ホットコーヒー 写真1
ホットコーヒー 写真2

コーヒーの道具は色々ありますが、
coffee carawayではkonoドリッパーを使って、ハンドドリップしています。
ここでは簡単に、基本の淹れ方をご紹介します。

材料 (2杯分)
・コーヒー豆30g
・沸かしたお湯 500ml程度

手順

  1. やかんのお湯が沸いたら、ドリップポットに移し変えます。
  2. ペーパーフィルターを折ってドリッパーにセットします。
  3. 挽いたコーヒー豆をドリッパーに入れます。
  4. ほど良く冷めたポットのお湯を粉の中央に落とします。
    500円玉大にお湯が膨らんできたら、注ぐのを止めます。
    ついでにコーヒーカップにも少しずつお湯を入れます。
  5. じわじわ・・とお湯が染み込むのを待ちます。
  6. お湯を少し注いでは休む、を繰り返します。
  7. ドリッパーからぽたぽたとコーヒーが落ち始めたら、
    注ぐスピードを速めます。
  8. 1杯目の目盛までは休み休み、それ以降はどんどん注ぎます。
  9. 2杯目の目盛まで来たら、ドリッパーを外しコーヒーをかき混ぜ、
    カップの湯を捨てて拭きあげ、コーヒーを注いで出来上がり。


2.アイスコーヒー/カフェオレ

アイスコーヒー 写真

この2つを作るのに共通して必要なのが「コーヒーのエッセンス」。
氷やミルクと合わせてコーヒーが薄まってしまうので、
それに負けないコーヒーを作ります。
まず1つ目のポイントは「濃さを倍に」、2つ目が「ぽたぽたドリップ」です。

材料 (2杯分)
・コーヒー豆 30g 
・沸かしたお湯 300ml程度

手順

  1. 1〜3は基本のコーヒーと同じ
  2. コーヒーの中央から、少しずつ広げていくように
    お湯をぽたぽたと粉の表面に落としていきます。
    全体から湯気が立ち始めたら、そのまましばらく待ちます。
  3. 粉の中心に、再びぽたぽたとお湯を注いでいきます。
    下からぽたぽたとコーヒーが落ちだしたら、
    それと同じくらいのスピードでお湯を注ぎ続けます。
  4. コーヒーが1杯分の量になったら、ドリッパーを外します。
    アイスコーヒーなら、グラス一杯に氷を入れた上から半分ずつ注いで
    一気にかき混ぜて出来上がり。
  5. カフェオレなら、2杯分のミルク(160cc程度)に注いで小鍋で
    湯気が立つまで温めます。沸かさないよう注意して!


3.水出しコーヒー

アイスコーヒー 写真

ポットに水と挽いた豆を入れて数時間おくだけ。
これを冷やして、何も入れずに味わうのがおすすめ。
ドリップしたコーヒーとは一味違った澄んだ、繊細な味わいを楽しめます。
ゆっくりと時間をかけて、優しく引き出されたコーヒーのエッセンス。
「こんなコーヒーもあるんだ」と新鮮に感じて頂けると思います。

材料 (3〜4杯分)
・コーヒー豆40g 
 (深煎りがお勧めです。coffee carawayの定番豆なら
  Quatre-Heures【おやつの時間】Nuit【夜】がお勧めです。
  また夏限定でこんな便利な商品もご用意しています!)

・浄水、またはミネラルウォーター500cc

手順

  1. ポットに、水500ccを注ぐ
  2. コーヒー豆を、ペーパーフィルター用と同じ位に挽く。
  3. 挽いた豆を、市販の不織布パックに入れて
    (だし用パック、お茶用パックとして売られています)ポットに沈める
  4. そのまま冷蔵庫に入れて、一晩置きます。
    早く味を出したい時は、常温で浸します。
    最短で、5時間後位から味が出てきます。
    短時間だと香りが良く、長時間だとコクのある仕上がりになります。
  5. そっとかきまぜて味見をし、OKなら豆のパックを引き上げます。
  6. そのままで、あるいは氷を入れてお召し上がりください。
    冷蔵庫に保存して、1〜2日以内に飲み切ってください。



コーヒーグッズを揃えよう